熱帯魚 エンゼルフィッシュの飼い方と繁殖-熱帯魚 エンゼルフィッシュは初心者でも飼育しやすいです-

熱帯魚の水槽掃除・水換えの方法

熱帯魚 エンゼルフィッシュ
■定期的な水槽掃除の場合

水槽の水質をどれだけキチンと管理をしていても確実に水槽の水は汚れていきます、もちろん水質も変化しています。

それを防ぐために定期的に水槽の水換えをして水質を維持しないといけません。
また、水槽のガラス面にへばり付いたコケも落とさないといけません。

水換えをするときは、水槽全体の3分の1位の水を換えるようにします、水換えは砂利に蓄積された汚れと一緒に吸出しましょう。
水の吸出しするには、専用のホースを使用することがおすすめです。

この方が砂利や熱帯魚を吸い出す心配が少ないからです、濾過器具(フィルター)の濾材なども定期的に洗うようにしましょう。

濾材を洗う時は、吸い出した水を使って軽く洗うのがベストです、洗いすぎてしまうと有益なバクテリアがいなくなる恐れがあります。

定期的な水換えというのは、水槽の大きさや環境、または熱帯魚の数によって異なりますが、一ヶ月に一回は水換えをすると良いと思います。

■水槽の大掃除の場合
水槽の大掃除は、定期的な掃除の大がかりなものと考えて下さい。
まず熱帯魚を他の容器・水槽に移動させ、水槽の内側から砂利まで全ての水槽の中のものを掃除します。

この場合でも定期的な掃除同様に水を半分以上は残しておきましょう、水を全部捨ててしまうと水槽内にいた有益なバクテリアなども水と一緒に捨ててしまう事になるからです。

濾材は、吸い出した水で軽く洗う程度で大丈夫です、その他の物は普通に水洗いして構いません。

水槽を洗い終わったら後は、最初の水槽のセッティングと同様に設置していきます。

新しく入れる水も、カルキを抜いて、温度は掃除前の残っている水と同じくらいにします。

水を少しづつ加えながら熱帯魚がその水に慣れるようにしましょう、この大掃除も飼育環境によって違いますが、3〜6ヶ月の間に一回は行うようにしましょう。

最近では、水槽の大掃除に便利な道具がけっこう市販されていて、水換えの回数を減らしたり、期間をあける事が出来るようになっています。
posted by 熱帯魚 エンゼルフィッシュ | 熱帯魚 エンゼルフィッシュ

熱帯魚 エンゼルフィッシュの繁殖と産卵方法

エンゼルフィッシュを一緒の水槽で何匹か飼っているとアマゾンソードなどの水草などにいつの間にか白い卵のような物体が付いているのを目にします。

それがエンゼルフィッシュの卵で、エンゼルフィッシュの産卵はそれくらい簡単に行われます。

だけど、そのまま卵を放置しておくと他の熱帯魚がエサと間違えて食べたり、水カビによって、卵がフ化する確率がかなり低くなります。

そのまま自然の形でふ化を待つのもいいのですが、せっかくですから生まれた卵から赤ちゃんエンゼルフィッシュにかえしてあげて繁殖をさせたらもっと楽しいですよ。

熱帯魚の中でも繁殖が簡単にできるエンゼルフィッシュは、それ自体が魅力的ですし、親子連れで仲良く泳ぐエンゼルフィッシュの姿はどこか感動的に見えます。

エンゼルフィッシュを繁殖させるならエンゼルフィッシュはオスとメスの区別がとても難しいので、幼魚を5〜10匹をまとめて一緒に飼育すれば、成長するごとにその中から自然とペアが生まれていきます。

エンゼルフィッシュがペアになると自分の相手以外の魚を追い回すようになるので、こまめに観察しているとペアができたかすぐに分かります。

ペアと思われる魚を見つけたら、ペア用に用意した水槽へ移してあげましょう。

そのエンゼルフィッシュの繁殖用の水槽には産卵場所を確保するために、葉の長い水草(アマゾンソードなど)を植えるか、塩ビパイプを斜めに立て掛けて産卵場所にセットしておきます。

エンゼルフィッシュの産卵
ペアにたっぷりと餌を与えてしばらく飼育していくと、気に入った場所を産卵場所にし、ペアが口でつつき掃除をはじめると、その1、2日後に産卵が行われています。

そしてオスとメスが順番に産卵床(産卵場所として掃除した所)をなぞるように腹部をこすりつけ産卵と受精を繰り返します。

エンゼルフィッシュの産卵は、1回で300〜500個の小さな卵を産みつけます。

産卵が終了後も、エンゼルフィッシュのペアは卵の中で死んでしまったのを口で取り除いたり、胸ビレをあおぐことによって新鮮な水を送ったりと、忙しく世話をする感動的な姿を見ることができます。

エンゼルフィッシュの愛情あふれる行動に、ついつい長時間観察してしまいがちですが、この時期はエンゼルフィッシュの親がとても神経質になっているので、できるだけ静かにしてあげてください。
エンゼルフィッシュ 飼育
posted by 熱帯魚 エンゼルフィッシュ | 熱帯魚 エンゼルフィッシュ

熱帯魚 エンゼルフィッシュの体調管理

熱帯魚を今までに飼ったことがなくても、エンゼルフィッシュという名前だけは聞いた事があるのではないですか?
この熱帯魚 エンゼルフィッシュはそれくらい熱帯魚の中でもかなり有名な熱帯魚です。

偏平な体と上下に長く伸びたヒレ、そして縞模様などの海水に居る魚のような特徴があるので、淡水魚ではなくて海水魚だと思いこんでいる人も多いみたいです。

キレイな姿とお手頃な値段で、飼育するのも熱帯魚の中では簡単なことから、初めて熱帯魚を飼育する人からも大人気の熱帯魚です。

ですが、エンゼルフィッシュといっても、今現在日本に輸入されているエンゼルフィッシュには、スカラレ種・アルタム種・ドゥメリリィ種の3種類がいます。

しかし、エンゼルフィッシュの種類でも、アルタムとドゥメリリィは飼育がちょっと難しいとされていて、輸入量が制限されているので入手が難しいですし、価格もやや高めなので初心者が飼育するにはあまりオススメできません。

その点でスカラレ種は、昔から飼育されているため養殖も盛んで、水槽という環境にも慣れているのが多いので、飼育繁殖が簡単にできます。

また、スカラレ種はブラックやゴールデン、レース、ゼブラ、マーブルなどのいろいろな改良品種がされており、とてもバラエティ豊かですし、自分の好みに合わせたエンゼルフィッシュを飼育することができるのも嬉しいところです。

エンゼルフィッシュの餌は、アカムシやイトミミズなどの生き物から、フレークフードのように人工のエサまで何でも食べるので餌やりは簡単です。

ですが注意点としては、同じ種類のエサばかり与えない事です、人工のエサでも複数の種類をローテーションして与えるなど工夫してバラエティを持たせてあげて下さい。

餌を与える時は、回数としては1日2回ほど、量は魚が食べ切ってしう程度の量にしてください。

一回のエサやりで多く餌をあげてしまうと、水槽の水質を悪くさせてしまう原因になります、熱帯魚が食べ残してしまった餌をそのままにしておくとエサが腐食してきますので、熱帯魚がエサを食べる量をよく観察し、適量を与えるようにしましょう。

エンゼルフィッシュは他の魚と比べると餌をたくさん食べてくれるので、水もその分汚れやすくなります。

与える餌の量によって異なりますが、1週間に3分の1程度の水を換えることできれいな水質を保てます。

水が新しくなれば熱帯魚もそれだけ調子がよくなりますし、餌の食べ方にも変化が出てきます、その逆であまり積極的に反応しない時や餌をあまり食べなかったりする場合は、水が古くなっている事が多いようなので、そんな時は水の交換をして様子を見てください。
エンゼルフィッシュ 飼い方
posted by 熱帯魚 エンゼルフィッシュ | 熱帯魚 エンゼルフィッシュ

熱帯魚 エンゼルフィッシュの飼育方法

エンゼルフィッシュを育てる時の水槽
エンゼルフィッシュを飼育する水槽は、最低でも60センチぐらいの幅は必要です、なぜならエンゼルフィッシュが成魚になった時のことを頭に入れておかないといけないからです。

また、2〜3センチほどの大きさのエンゼルフィッシュが熱帯魚ショップで安く売られています。

それを買ってきて育てるなら小さい水槽でも飼育ができますが、数匹を一緒に飼う場合や他の種類の熱帯魚と一緒に飼育する場合は、小さい水槽ではなく60センチ水槽が良いでしょう。

ですがエンゼルフィッシュは成魚に成長したら、ヒレは長く伸び60センチある大き目の水槽でも窮屈そうに見えてしまうほど予想以上に大きくなることを忘れずおきましょう。

エンゼルフィッシュだけに限らず熱帯魚を飼育するときは、水槽の大きさにある程度余裕を持たせることによって管理もしやすいですし、魚の成長も速くなっていきます。

ろ過装置
水のろ過装置は、パワーフィルターから底面フィルターまで自分の好みや予算に合わせてどれを使っても問題ないです。
その中でもお勧めなのが、部分的な水換えや水槽の掃除など、日常の水槽の管理がしやすいといえば、人気の上部フィルターがオススメですね。

ろ材に使うのは、「大磯砂」と呼ばれる砂が良いです、できれば水のpH(ペーハー、水中に含まれる水素イオン濃度のこと、pH7を中性としてそれよりも高いとアルカリ性、低いと酸性という水の性質の基準。熱帯魚を飼育するには、これを目安にして水を調整します)が上がらないようなろ材を使いましょう。

エンゼルフィッシュが好きな水質と水温とは
熱帯魚ショップで売られているほとんどのエンゼルフィッシュが養殖されたエンゼルフィッシュです。
水質の変化にもそれなりに適応能力があるので、水道水のカルキを中和させた水での飼育ができます。

しかし、野生のエンゼルフィッシュが多く生息している河川は弱酸性から中性の水質なので、自然に近い弱酸性から中性の水質の環境を作ってあげるだけで熱帯魚の調子もよくなります。

ろ材だけでかんがえるのではなく、底砂でもpHをあまり上げない大磯砂を使用するのが良い環境を作りになります、水温はだいたい25〜28℃の間が適温です。
エンゼルフィッシュ 稚魚
posted by 熱帯魚 エンゼルフィッシュ | 熱帯魚 エンゼルフィッシュ

熱帯魚 エンゼルフィッシュを購入する時のポイント

エンゼルフィッシュを購入する時のポイントとしてエンゼルフィッシュを飼う水槽のセッティングが終了したら、いよいよ熱帯魚を購入しますが、購入する時の注意点としては、エンゼルフィッシュが奇形になっていないかどうか、病気になっていないかをよく見て観察することが大切です。

エンゼルフィッシュ購入時のチェックポイント!
※ 体やヒレに白い点(白点病という難しい病気にかかっている場合が多い)がないか?
※ ヒレをたたんではいないか?
※ エラの動かし方が早くないか?
※ 購入する熱帯魚と同じ水槽に病気っぽい魚や、死んでいる熱帯魚はいないか?
などをしっかりチェックしましょう。

また、大量に養殖されているエンゼルフィッシュの中には奇形魚がよく見られることがあります。
ヒレが曲がっていたり、または体の一部が無かったりする魚がいることもちょくちょくあるので注意してください。

はじめて熱帯魚を購入する場合はわからないことが多く見分けもつかないでしょうから、お店の人に初めて熱帯魚を飼うことを言ってから、できるだけ状態がいい熱帯魚を店員さんに選んでもらうのが良い方法です。

エンゼルフィッシュと他の魚を一緒に泳がせる時の注意!
エンゼルフィッシュは小さい時はおとなしくて、ほとんどの熱帯魚と一緒の水槽で飼うことができます。
ですが、エンゼルフィッシュより大きい熱帯魚や気性の荒い熱帯魚とは一緒の水槽で飼育しないで下さい。

一緒の水槽で飼うとしたら小型のコイの仲間やカラシン(テトラ類)や水槽の底を泳ぐコリドラスなどの小型ナマズと一緒に飼育するのがいいと思います。

ただし、エンゼルフィッシュは成長するにつれて気性が荒くなる傾向があって、60センチ程度の水槽にたくさんの魚を入れたりすると、エンゼルフィッシュの口に入るような小魚は食べてしまったり、他の熱帯魚を追いかけ回すこともあるので注意しましょう。
エンゼルフィッシュ 繁殖
posted by 熱帯魚 エンゼルフィッシュ | 熱帯魚 エンゼルフィッシュ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。