熱帯魚 エンゼルフィッシュの飼育方法 熱帯魚 エンゼルフィッシュの飼い方と繁殖-熱帯魚 エンゼルフィッシュは初心者でも飼育しやすいです-

熱帯魚 エンゼルフィッシュの飼育方法

エンゼルフィッシュを育てる時の水槽
エンゼルフィッシュを飼育する水槽は、最低でも60センチぐらいの幅は必要です、なぜならエンゼルフィッシュが成魚になった時のことを頭に入れておかないといけないからです。

また、2〜3センチほどの大きさのエンゼルフィッシュが熱帯魚ショップで安く売られています。

それを買ってきて育てるなら小さい水槽でも飼育ができますが、数匹を一緒に飼う場合や他の種類の熱帯魚と一緒に飼育する場合は、小さい水槽ではなく60センチ水槽が良いでしょう。

ですがエンゼルフィッシュは成魚に成長したら、ヒレは長く伸び60センチある大き目の水槽でも窮屈そうに見えてしまうほど予想以上に大きくなることを忘れずおきましょう。

エンゼルフィッシュだけに限らず熱帯魚を飼育するときは、水槽の大きさにある程度余裕を持たせることによって管理もしやすいですし、魚の成長も速くなっていきます。

ろ過装置
水のろ過装置は、パワーフィルターから底面フィルターまで自分の好みや予算に合わせてどれを使っても問題ないです。
その中でもお勧めなのが、部分的な水換えや水槽の掃除など、日常の水槽の管理がしやすいといえば、人気の上部フィルターがオススメですね。

ろ材に使うのは、「大磯砂」と呼ばれる砂が良いです、できれば水のpH(ペーハー、水中に含まれる水素イオン濃度のこと、pH7を中性としてそれよりも高いとアルカリ性、低いと酸性という水の性質の基準。熱帯魚を飼育するには、これを目安にして水を調整します)が上がらないようなろ材を使いましょう。

エンゼルフィッシュが好きな水質と水温とは
熱帯魚ショップで売られているほとんどのエンゼルフィッシュが養殖されたエンゼルフィッシュです。
水質の変化にもそれなりに適応能力があるので、水道水のカルキを中和させた水での飼育ができます。

しかし、野生のエンゼルフィッシュが多く生息している河川は弱酸性から中性の水質なので、自然に近い弱酸性から中性の水質の環境を作ってあげるだけで熱帯魚の調子もよくなります。

ろ材だけでかんがえるのではなく、底砂でもpHをあまり上げない大磯砂を使用するのが良い環境を作りになります、水温はだいたい25〜28℃の間が適温です。
エンゼルフィッシュ 稚魚
posted by 熱帯魚 エンゼルフィッシュ | 熱帯魚 エンゼルフィッシュ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。