熱帯魚 エンゼルフィッシュの体調管理 熱帯魚 エンゼルフィッシュの飼い方と繁殖-熱帯魚 エンゼルフィッシュは初心者でも飼育しやすいです-

熱帯魚 エンゼルフィッシュの体調管理

熱帯魚を今までに飼ったことがなくても、エンゼルフィッシュという名前だけは聞いた事があるのではないですか?
この熱帯魚 エンゼルフィッシュはそれくらい熱帯魚の中でもかなり有名な熱帯魚です。

偏平な体と上下に長く伸びたヒレ、そして縞模様などの海水に居る魚のような特徴があるので、淡水魚ではなくて海水魚だと思いこんでいる人も多いみたいです。

キレイな姿とお手頃な値段で、飼育するのも熱帯魚の中では簡単なことから、初めて熱帯魚を飼育する人からも大人気の熱帯魚です。

ですが、エンゼルフィッシュといっても、今現在日本に輸入されているエンゼルフィッシュには、スカラレ種・アルタム種・ドゥメリリィ種の3種類がいます。

しかし、エンゼルフィッシュの種類でも、アルタムとドゥメリリィは飼育がちょっと難しいとされていて、輸入量が制限されているので入手が難しいですし、価格もやや高めなので初心者が飼育するにはあまりオススメできません。

その点でスカラレ種は、昔から飼育されているため養殖も盛んで、水槽という環境にも慣れているのが多いので、飼育繁殖が簡単にできます。

また、スカラレ種はブラックやゴールデン、レース、ゼブラ、マーブルなどのいろいろな改良品種がされており、とてもバラエティ豊かですし、自分の好みに合わせたエンゼルフィッシュを飼育することができるのも嬉しいところです。

エンゼルフィッシュの餌は、アカムシやイトミミズなどの生き物から、フレークフードのように人工のエサまで何でも食べるので餌やりは簡単です。

ですが注意点としては、同じ種類のエサばかり与えない事です、人工のエサでも複数の種類をローテーションして与えるなど工夫してバラエティを持たせてあげて下さい。

餌を与える時は、回数としては1日2回ほど、量は魚が食べ切ってしう程度の量にしてください。

一回のエサやりで多く餌をあげてしまうと、水槽の水質を悪くさせてしまう原因になります、熱帯魚が食べ残してしまった餌をそのままにしておくとエサが腐食してきますので、熱帯魚がエサを食べる量をよく観察し、適量を与えるようにしましょう。

エンゼルフィッシュは他の魚と比べると餌をたくさん食べてくれるので、水もその分汚れやすくなります。

与える餌の量によって異なりますが、1週間に3分の1程度の水を換えることできれいな水質を保てます。

水が新しくなれば熱帯魚もそれだけ調子がよくなりますし、餌の食べ方にも変化が出てきます、その逆であまり積極的に反応しない時や餌をあまり食べなかったりする場合は、水が古くなっている事が多いようなので、そんな時は水の交換をして様子を見てください。
エンゼルフィッシュ 飼い方
posted by 熱帯魚 エンゼルフィッシュ | 熱帯魚 エンゼルフィッシュ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。