熱帯魚 エンゼルフィッシュの繁殖と産卵方法 熱帯魚 エンゼルフィッシュの飼い方と繁殖-熱帯魚 エンゼルフィッシュは初心者でも飼育しやすいです-

熱帯魚 エンゼルフィッシュの繁殖と産卵方法

エンゼルフィッシュを一緒の水槽で何匹か飼っているとアマゾンソードなどの水草などにいつの間にか白い卵のような物体が付いているのを目にします。

それがエンゼルフィッシュの卵で、エンゼルフィッシュの産卵はそれくらい簡単に行われます。

だけど、そのまま卵を放置しておくと他の熱帯魚がエサと間違えて食べたり、水カビによって、卵がフ化する確率がかなり低くなります。

そのまま自然の形でふ化を待つのもいいのですが、せっかくですから生まれた卵から赤ちゃんエンゼルフィッシュにかえしてあげて繁殖をさせたらもっと楽しいですよ。

熱帯魚の中でも繁殖が簡単にできるエンゼルフィッシュは、それ自体が魅力的ですし、親子連れで仲良く泳ぐエンゼルフィッシュの姿はどこか感動的に見えます。

エンゼルフィッシュを繁殖させるならエンゼルフィッシュはオスとメスの区別がとても難しいので、幼魚を5〜10匹をまとめて一緒に飼育すれば、成長するごとにその中から自然とペアが生まれていきます。

エンゼルフィッシュがペアになると自分の相手以外の魚を追い回すようになるので、こまめに観察しているとペアができたかすぐに分かります。

ペアと思われる魚を見つけたら、ペア用に用意した水槽へ移してあげましょう。

そのエンゼルフィッシュの繁殖用の水槽には産卵場所を確保するために、葉の長い水草(アマゾンソードなど)を植えるか、塩ビパイプを斜めに立て掛けて産卵場所にセットしておきます。

エンゼルフィッシュの産卵
ペアにたっぷりと餌を与えてしばらく飼育していくと、気に入った場所を産卵場所にし、ペアが口でつつき掃除をはじめると、その1、2日後に産卵が行われています。

そしてオスとメスが順番に産卵床(産卵場所として掃除した所)をなぞるように腹部をこすりつけ産卵と受精を繰り返します。

エンゼルフィッシュの産卵は、1回で300〜500個の小さな卵を産みつけます。

産卵が終了後も、エンゼルフィッシュのペアは卵の中で死んでしまったのを口で取り除いたり、胸ビレをあおぐことによって新鮮な水を送ったりと、忙しく世話をする感動的な姿を見ることができます。

エンゼルフィッシュの愛情あふれる行動に、ついつい長時間観察してしまいがちですが、この時期はエンゼルフィッシュの親がとても神経質になっているので、できるだけ静かにしてあげてください。
エンゼルフィッシュ 飼育
posted by 熱帯魚 エンゼルフィッシュ | 熱帯魚 エンゼルフィッシュ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。