熱帯魚の水槽掃除・水換えの方法 熱帯魚 エンゼルフィッシュの飼い方と繁殖-熱帯魚 エンゼルフィッシュは初心者でも飼育しやすいです-

熱帯魚の水槽掃除・水換えの方法

熱帯魚 エンゼルフィッシュ
■定期的な水槽掃除の場合

水槽の水質をどれだけキチンと管理をしていても確実に水槽の水は汚れていきます、もちろん水質も変化しています。

それを防ぐために定期的に水槽の水換えをして水質を維持しないといけません。
また、水槽のガラス面にへばり付いたコケも落とさないといけません。

水換えをするときは、水槽全体の3分の1位の水を換えるようにします、水換えは砂利に蓄積された汚れと一緒に吸出しましょう。
水の吸出しするには、専用のホースを使用することがおすすめです。

この方が砂利や熱帯魚を吸い出す心配が少ないからです、濾過器具(フィルター)の濾材なども定期的に洗うようにしましょう。

濾材を洗う時は、吸い出した水を使って軽く洗うのがベストです、洗いすぎてしまうと有益なバクテリアがいなくなる恐れがあります。

定期的な水換えというのは、水槽の大きさや環境、または熱帯魚の数によって異なりますが、一ヶ月に一回は水換えをすると良いと思います。

■水槽の大掃除の場合
水槽の大掃除は、定期的な掃除の大がかりなものと考えて下さい。
まず熱帯魚を他の容器・水槽に移動させ、水槽の内側から砂利まで全ての水槽の中のものを掃除します。

この場合でも定期的な掃除同様に水を半分以上は残しておきましょう、水を全部捨ててしまうと水槽内にいた有益なバクテリアなども水と一緒に捨ててしまう事になるからです。

濾材は、吸い出した水で軽く洗う程度で大丈夫です、その他の物は普通に水洗いして構いません。

水槽を洗い終わったら後は、最初の水槽のセッティングと同様に設置していきます。

新しく入れる水も、カルキを抜いて、温度は掃除前の残っている水と同じくらいにします。

水を少しづつ加えながら熱帯魚がその水に慣れるようにしましょう、この大掃除も飼育環境によって違いますが、3〜6ヶ月の間に一回は行うようにしましょう。

最近では、水槽の大掃除に便利な道具がけっこう市販されていて、水換えの回数を減らしたり、期間をあける事が出来るようになっています。
posted by 熱帯魚 エンゼルフィッシュ | 熱帯魚 エンゼルフィッシュ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。